コンタクトレンズ

一人一人にぴったりの

コンタクトレンズ

コンタクトレンズ検査

コンタクトレンズ検査

目にあわないコンタクトレンズの装用はさまざまなトラブルの原因になります。一人一人にぴったりのレンズを処方するために、さまざまな検査を行います。

白のウェーブ

検査の内容と流れ

01

問診

身体の健康状態や目の状態、目の病気の有無、生活環境、趣味・スポーツなど、あなたがコンタクトレンズの使用に適するかどうか、どんな種類のレンズが適しているかなどの問診を行ないます。

02

視力検査

裸眼での視力検査を行い視力を測定し、レンズを用いた適切な矯正視力とレンズの度数を決定します。

03

スリットランプ(細隙灯:さいげきとう)検査

細い光のスリットで角膜(黒目の部分)から眼球の前半分(虹彩、水晶体)を検査する生体顕微鏡を使用し、目の状態を細かくチェックします。

04

角膜曲率測定(角膜形状検査)

角膜の形状を測定し角膜の表面にゆがみがないかを調べ、あなたの目に合ったコンタクトレンズを選ぶためのデータを作成します。

05

フィッティング検査

実際にコンタクトレンズを目に着けて、視力やレンズの動き、異物感がないかなどを確認します。診断の結果と使う人自身の意見を考慮し、眼科医が最終的なレンズを決定します。

06

レンズの取扱い、ケア方法についての説明

正しいレンズの使用やレンズケアをご説明いたします。分からないことがあればお気軽にご質問してください。